「お年玉」誰からいくらもらった?エクセル一覧表で管理する方法

お年玉の管理方法、皆さんはどのようにされていますか?

我が家は姪っ子甥っ子が増え、誰が何歳になった?昨年はいくら包んだ?とだんだんわからなくなってきたので、「お年玉管理一覧表」を作成することにしました。

これで、毎年悩む時間を無駄に消費することがなくなりそうです。

今回は、我が家の作成した「お年玉管理一覧表」について紹介します。

目次

お年玉管理一覧表の作り方

我が家が作成したお年玉管理一覧表はこのような表です。

我が子がもらったお年玉管理一覧表(例)
親戚の子供へのお年玉管理一覧表(例)

こちらの表はGoogleのスプレッドシートを使用し作成しています。

前まで手書きでメモを残していたのですが、最近紙の書類を減らそうと努力中なので、スプレッドシートを利用することにしました。エクセルは行を足したり消したり、自動計算など自由自在にできるので便利ですね。

つむぐ

最近、書類が減ってきて部屋がスッキリしてきました♩
これからもどんどん書類を減らしていこうと思います。

お年玉管理一覧表作成時のポイント

次に、「お年玉管理一覧表」を作成する際のポイントを開設して行きます。

作成時のポイント

  • 1月1日時点での学年で考える
  • 小学1年生になるタイミングをおさえる

この表の便利なところは、1度学年がわかればあとは自動的に計算できるところです。

ただし、最初の出だしで間違ってしまうと、ずっとズレてしまうことになるのでその点は注意が必要です。

今後追加して行きたい項目

今回手始めに「お年玉管理一覧表」を作成しましたが、改良して行きたい点がいくつかあります。

  • 年齢の項目追加
  • 誰の子か書き加える などなど

自分なりにアレンジをしていこうと思います。

エクセルで作る「お年玉管理一覧表」おすすめですのでぜひ一度作ってみてくださいね。

今度はお年玉の使い道を投稿して行きたいなと考え中です。

今回はこの辺で。おしまいっ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる